キレイになるをキッカケに鍼灸を受ける人口を増やすノウハウ、
ありがとうであふれた結果、売上が上がった治療院の経営のポイントを学び、
明日から自分の院の集客、治療に使える方法を学ぶセミナー。

講師は(財)日本美容鍼灸マッサージ協会、認定美容鍼灸師となり、
ハリウッドスタイル上田式美容鍼灸を提供する道内の鍼灸師、そして創始者、上田 隆勇。
あなたに道内での成功ノウハウを公開。


それはちょうど3杯目のビールを飲み干したところだった。その日は、鍼灸師どうしが集まって行う勉強会の打ち上げ。
5〜6人があつまり、いつもの居酒屋で呑んでいた。

いつもの通り、「あの先生の腕はすごい」とか
「あの症状の場合は、足じゃなくて手のツボを…」
など治療の話で盛り上がっている。

その一方僕は、今日この場であることをみんなに伝えなければならなかった。ひとしきり治療の話で盛り上がった所で、
僕は静かに話し始めた。



「こんな時に何だけど…」
「実は俺、横浜に美容鍼を勉強しに行こうと思うんだ」

「なんだって、流行りにのってテレビにでも出るつもりか?」
仲間の鍼灸師が面白半分で聞いてきた。


「流行にのるんじゃない」
「しっかりとした理論と技術を身に付けて、北海道でも1万円以上の高単価で治療できることを証明したいんだ」と僕は答えた。

一瞬場が静まり返った後、今度は嘲笑とため息の混ざったざわめきが起こった。

「あいつは本気で言っているのか?」
と驚きの声と同時に、コソコソと話す声も聞こえた。

「札幌の平均施術単価が3000円だっていうのに、1万円の施術でお客さんが来るわけがない」
「万が一来たとしても、1万円じゃ続けて通ってはくれないよ」
「バカなやつだな、せっかく今のままでもうまくいっているのに、わざわざ鍼灸院を潰すつもりか」
「もうどこの治療院だって美容のメニューくらいあるよ」
「今さら、美容鍼なんて勉強しても遅いよ」


彼らは僕が絶対に失敗するだろうと思っているようだ…





「なんだか俺を話す時によく、「鍼灸師はせっかく素晴らしい技術や知識があるのに、
それを伝えるのがヘタだからダメなんだ」とか「もっと鍼灸師の地位を向上させたい」

「もっとマーケティングの勉強をして、いいものは世の中に広めていかなきゃダメだ」
なんて意味の分からないことを言っていたよ」

「単純にお金に目がくらんだじゃないか」
「いっちゃ悪いが、鍼灸師としてお客さんを想いやる気持ちを忘れちまったんだよ」

と同僚は、みんなに聞こえるように言い放った。


「あいつは専門学校から一緒だが、いつも俺の方が成績はよかったし、
それに鍼灸院を開業してからも俺よりも売上をあげたことないしな」

「それに、いつも机に向かって鍼灸の勉強でもしているのかと思ったら、


チラシを作ったり、Facebookをやったりしてるし…逆に気味が悪いよ」
「まぁ、温かい目で見送ってやろうぜ」
「負けるのが分かっていながら戦いを挑む」
「ある意味勇敢じゃないか」


どうせ励ましてはくれないだろうと思っていた。
僕は財布を取り出し、あえて1万円札をテーブルの上に置いて、そっと席を立った。
ここで何を言ってもムダだと思ったからだ。


席を立ち、店を出ようとした僕の背中から
「おいおい、これは一体何のマネだ?」
という声がした。


「いいじゃなか!」
「最後くらい好きにさせてやれよ」


と同調する声があり、
一同笑いの渦に巻き込まれた。










僕はその後、横浜に美容鍼を学びに行き、順調に技術を身に付けていった。
まずは、周りのライバルと美容鍼で差別化をすることによって、
施術費を3000円から1万円に値上げをした。


値上げをした当初は、
お客さんが減ってしまい「やっぱり値上げをしない方が良かったのか…」と不安になったが、
お客さんが減った分、美容鍼の価値を理解してくれる、
よいお客さんだけが集まるようになった。

それと同時に、施術回数も減ったものの、
月収は大幅にアップするという面白い現象が起きた。

美容鍼をメニューに加えたことによって、以前のように、
「今月はお客さんが来なかったらどうしよう…」とか、
月々の支払いに怯えるようなことはなくなった。


それに、1回しか通わないようなお客さんや、
クレームを言われて、シブシブ頭を下げるようなこともなくなった。


今では、好きな時に、好きな仕事を、好きな仲間とすることができている。
美容鍼を通じて、業界のトップクラスの人も知り合いになることができ、
僕の知名度もいつの間にか上がっていた(結果的にFacebookを更新し続けていてよかった)。



すると…

あの時以来、まったく連絡をしてこなかった鍼灸師の仲間から、
どこからか噂を聞きつけて、次々とメールが来たり、
Facebookの友達申請が来るようになった。

みんなあの時の態度とはうって変わり、
まるで数年来の親友であるかのようにい僕に連絡をよこし、僕に会いたがった。

そして、「どうしても」という彼らの依頼を断りきれず、
僕はまたあの打ち上げがあった居酒屋に顔を出した。


部屋に入った瞬間、質問攻めだった。
誰もが僕の成功を信じていなかったようで、その秘密を知ろうとやっきになっているようだった。

誰もが親しげに話してきたが、あの時、
僕が「美容鍼を勉強して、施術費を値上げする」と言ったら笑ったのを忘れたのだろうか…


しかし、気分は悪くなかった。
「どうやったら1万円の施術費でお客さんを集めることができるんだよ」
「どんな美容鍼を勉強してきたんだ?僕にも教えてくれよ」
「成功の秘訣はなんだい?何か他の技術セミナーも受けてきたのかい?」


「僕はそんなに勉強してきたつもりはないよ」
「それに他の手技を習ってきたわけじゃない」

「冗談だろ」と鍼灸師の仲間が言った。
「実は、俺達に内緒で、君は密かに何年も美容鍼の勉強をしていた」
「それに、密かにどこかのセミナーにでも通っていたんじゃないか?」
「どうなんだ?」


「僕はそんなところに通っていないよ」
「鍼灸師の資格しか持っていないし、横浜で美容鍼のセミナーに出てきただけだよ」
「そのことは君も知っているじゃないか」
と言い返した。


ただ…
「1つだけ、ある“キッカケ”を掴んだのは確かだよ」と言ってすべてを話すことにした。




「『マインドセット』という言葉を聞いたことがあるかい?」と僕は聞いた。何人かは初めて聞いたような顔をしていたが、「それってもの考え方や信念のようなものだよね」と答えた。

僕は「そうだよ」と答え「別の言い方をすると、英語でいうところの“should”〇〇すべきという信念や定義を変えることを言うんだ。


「たったそれだけで、1万円の施術費でもお客さんが集まるようになるのかい?」
「信じられない」と誰かが驚いたように言った。

「そうなんだよ」
「僕も最初は、お客さんから高単価の施術費を頂くには、技術や知識さえあればいいと思っていたんだ」
「でも、美容鍼を通してあることに気がついた」
「技術や知識を身に付ける以前に、施術者の気持ちが追いついていないんじゃないか」
「心のどこかに、お金を頂くことへの罪悪感があって、お金に対するブロックが働いているんじゃないかってね」


「それで、このお金に対するブロックをぶっ壊すことができると、ただたんに技術や知識を身に付けるだけじゃなくて、1万円の高単価を頂くことが“当たり前”にすることができる」
「それで初めて、実際に行動に移せるようになるんだ。」
「何も考えずに自動的にね」


「ふーん。そうなんだ」
「じゃ、いったいその美容鍼とマインドセットが同時に学べるセミナーがあるあるのかい?」
「それが今日ここに来た理由の1つでもあるんだ」





全身治療と少ない鍼の数で結果を出し、
さらに、どのように集客やリピートして良いか教えてくれた

『ハリウッド上田式美容鍼灸があったから私は救われた。』
『美容鍼灸、あんなのじゃだめだ』
『導入したけど、いまいちだったので辞めようか。
そう思っていたけどハリウッド上田式と出会い、技術、考え方が変わった。』
『なにより自分が変わり、そして治療院が変わった。』

そう語る、北海道の先生達はこちらです。


快気堂鍼灸院白石院長
谷地 一博


鍼灸師
医学修士
快気堂鍼灸院白石院長
日本美容鍼灸マッサージ協会認定鍼灸師

2011年、鍼灸師免許取得後、医学・人体についてより深く学びたいと考え、北海道大学医学部大学院へ進学。がんの研究に関わり、脳腫瘍の悪性化の原因となる。

micro-RNAsの一つを特定することに成功するが、研究が深まれば深まるほど、実際の臨床から離れていく感覚に違和感を覚える。そんな折、西洋医学の範疇では見放された患者さんを鍼灸で回復させた経験から、鍼灸の可能性に惚れ込み、本格的に鍼灸に取り組む決意をする。2013年、修士課程を修了後、自らの理想の鍼灸を追求すべく快気堂鍼灸院白石を開院。

治療に取り組む中、女性が美容鍼灸で、劇的に元気を取り戻す現象に数多く遭遇し、本格的に美容鍼灸を極めたいと考え、上田隆勇先生に師事し、(財)日本美容鍼灸マッサージ協会認定美容鍼灸師となる。

一人一人の鍼灸師が、技術的にも、経済的にも力をつけることで、世界の医療に革命が起こせると確信し、日夜活動中。



ナツメ堂鍼灸院
久保大輔


はり師、きゅう師
札幌青葉鍼灸柔整専門学校出身
(平成17年卒業)
釧路市あんずの種(旧杏園堂鍼灸院)勤務7年
恵庭市ナツメ堂鍼灸院院長
(平成25年5月開業)
北海道鍼灸師会所属、日本鍼灸師会所属
日本美容鍼灸マッサージ協会認定鍼灸師


地域ナンバーワンを目指す鍼灸院(釧路市あんずの種)にて副院長を務めた後大きな自信と期待を持っての開業、しかし現状はなかなかうまく行かず直ぐに厳しい現状を目の当たりにする。

一介の小さな鍼灸院が知らない土地でいかに新しいお客様をお呼びするかを試行錯誤、そこで出てきた答えが美容鍼に特化すること。そしてその新規集客の手段として、HP、ブログ、フェイスブック、ニュースレター等を行い、その決め手となったのがチラシでの宣伝でした。SNSが盛んな時代だからこそ、紙媒体で出来る集客で今では日々お客様に喜んで頂いています。




鍼灸治療院 寿あき屋
―じゅあきや―
菅原 万貴


はり師 きゅう師
国際鍼灸医師 JFACe認定美容鍼灸師
(公社)日本鍼灸師会 代議員
(公社)北海道鍼灸師会 常任理事 青年部長
札幌鍼灸師会 学術副部長
(公社)全日本鍼灸学会 会員

高校生のときに、鍼灸治療で、がんの疼痛緩和に取り組む医師がいることを知り、鍼灸師を目指す。専門学校在学中より卒後2年治療院勤務その後、脳神経外科、整形外科勤務を経て開業。

開業のきっかけは、不定期ながらも腫瘍内科でがん患者さんに対する治療をさせていただける機会を得たこと。以来、~心と身体をゆるめて免疫力をupしましよう~をモットーに日々の臨床に取り組んでいます。


脳外勤務時代、顔面神経麻痺の患者さんのリハビリを担当しており、その経験はハリウッドスタイル上田式美容鍼を学ぶ上でも非常に役立ちました。お顔にコンプレックスを感じることがどんなに辛いものなのか、笑顔になれることがどんなに大切なことかよく知っています。

苦しいとき、辛いとき、痛みに悩まされるとき、不安なとき何でも相談してもらえる「身体のよろず屋」のような存在になりたいという思いから、治療院名に「屋」の文字を配しています。大切なものはすべて身体のなかに。頑張る女性の元気とキレイを引き出し、笑顔を応援しています。














日時 2016年7月30日(土)
 スケジュール 16時45分 会場
17時    美容鍼灸の成功法則と実技 スタート
19時半   クライエントが集まる鍼灸院経営術と上田塾説明会
21時    終了予定(21時半になることあり)
会場 札幌市内会議室
受講料 参加費10,800円→3周年記念にて8,000円+税
※スタッフ特別優待あり
同一院、同一グループからの2名以上の参加の場合
1名が上記正期料金をお支払い頂き、
2名目からはスタッフ1名につき5,400円
(同一院、同一グループからの参加に限ります。要名刺または社員証持参)
講師 (財)日本美容鍼灸マッサージ協会 代表理事 上田隆勇




日時 2016年7月31日(日)
 スケジュール 10時00分 スタート
美容鍼灸の成功法則と実技 PART 2

12時〜13時 休憩
新患獲得とリピートにつながる札幌・恵庭の成功事例から学ぶ勉強会

13時〜14時 久保大輔
今日からあなたもできる〜鍼灸院の新規集客 実践事例 

14時〜15時 谷地一博
今日からあなたもできる〜
「なぜ選ばれるのか?クライエントに愛される高単価治療院への道」

15時〜16時 菅原万貴 
今日からあなたもできる〜美容鍼灸を提供する治療院に求められる
「おもてなし」への取り組み

16時〜17時半
 月商30万円の鍼灸院が半年後に月商120万円になる
 鍼灸院経営術と今日から変われるマインドセットとは?

懇親会あり
18時半〜21時
会場 学校法人 三幸学園
札幌スポーツ&メディカル専門学校
受講料 土日2日間参加:通常40,000円→3周年記念にて25,000円+税
7月31日(日)のみ:通常35,000円→3周年記念にて20,000円+税

※スタッフ特別優待あり
同一院、同一グループからの2名以上の参加の場合
1名が上記正期料金をお支払い頂き、
2名目からはスタッフ1名につき5,400円

(土曜日のみ、日曜日のみ、土日参加に関わらず適応。
同一院、同一グループからの参加に限ります。要名刺または社員証持参)






『ハリウッドスタイル上田式美容鍼灸と出会って技術、考え方が変わった。』
『なにより自分が、そして治療院が変わった。』
そう語る、北海道の先生達はこちらにもたくさんいます。

1人で悩むなら、仲間でも同じ意見ならそろそろ付き合う仲間を変えて
前に歩き出しませんか。








このページの先頭へ